− 晴耕雨読にゃほど遠い 。。。−

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年、乗り鉄の旅〆

<<   作成日時 : 2011/02/18 04:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月8日 AM 06:00

不要な荷物を宅配で送り帰し、いよいよ離北
札幌から昨日と同じ「スーパー北斗2号」に乗車する
途中千歳を過ぎると政府専用機の垂直尾翼を認め
富浦では1人じゃ乗れない特急カシオペアと行き違い
幌別では5日前に乗った特急トワイライトEXPと交換
長万部では特急北斗星と立て続けに寝台特急とすれ違う
九州方面の寝台特急が全滅した今、寝台銀座の称号は最早北海道にあると言える

10:17
函館より「スーパー白鳥26号」に乗り換え
北斗の15分近い遅れの為接続時間が殆どなく函館で駅弁購入かなわず
車内販売の幕の内なんぞ買う気になれなく、朝食抜きのまま青函トンネル
本州最初の停車駅である蟹田ではなにやら試運転中のE751系の姿
もしかして485系白鳥はE751系と運用入れ替える予定なんだろうか?

12:20
スーパー白鳥26号は終点の新青森に到着
新青森から「特急はやて」に乗って一気に南下

画像画像






なんて往復きっぷの性質上出来る訳もなく
一旦バスで新青森駅から青森駅まで戻る
新青森駅は除雪が下手なのか雪の壁で視界が悪くまるで迷路のよう
しかも車道は路側帯ラインはおろか路面の1/4は雪に覆われた状態で道路狭っ!

画像画像


13:36
青森発の「特急つがる6号」に乗車
なにかとケンカしたのか前面FRPカバーには亀裂が・・・

画像画像


つがる車内にて遅めの朝食
青森駅で買った「大漁市場弁当」
器は立派なんだけど、ホタテの貝殻がちょっと邪魔

食後暫く外眺めていると雪の量は減り始め
雪の上からもその下は田んぼか畑か見分けられる様になる
そして川には北海道の白鳥に代わって白鷺の姿がちらほらと・・・

画像画像


大鰐にて弘南鉄道の7000系と遭遇
なんか車両に違和感感じて注意して見てみると
車輪の外側にディスクブレーキと言う奇妙な台車を履いている・・・もしかして珍車?

16:20
つがる6号は定刻通りに秋田着
秋田からは雪に埋まった秋田新幹線

画像







に乗れる訳もなく秋田より「特急いなほ14号」に乗車

画像画像画像


16:34
つがるに続いて乗る「特急いなほ」はまたまた国鉄型の生き残り485系
暇潰しに烏龍茶を使っていいちこのCM風に秋田の夕日を撮ってみたりする

画像画像


5時も半ば過ぎると車窓はすっかり暗くらい冬の新潟路
村上辺りで下弦の月を見るがここんとこ雪ばっかだったせいか久々に月を見た気がする

いなほの車内にて秋田駅の駅弁「おかみ弁当」で昼食
汚れ防止にピンクの膝掛け付きなのがなんかオシャレ
むかごご飯にじゅん菜にいぶりがっこが秋田してますな

20:08
特急いなほは終点新潟に到着
新潟からは上越新幹線で一気に・・・

画像画像画像







このパターン飽き飽きでしょうが
もー、少しお付き合い下さい

画像画像


乗り継ぐ列車に時間があるので待合室にて「雪の舞」弁当で夕食
舞茸好きに嬉しい舞茸ごはん、錦糸卵や鮭なんて要らんから舞茸増やして〜♪

画像画像画像


弁当喰ってもまだ時間があるので暫し撮り鉄
キハ47に、オコジョのマークが可愛いE120系気動車

画像画像画像


22:28
583系唯一定期列車の生き残り、急行「きたぐに」入線
1967年に世界初の電車寝台特急として生まれた老兵581/583系
485系同様国鉄の一時代を築いた車両だが誕生から既に40年も過ぎ
2014年の北陸新幹線延伸時には廃止が確実視されてるので無くなる前に乗っておこうって訳

画像画像画像画像


ちょっと独特な編成の急行きたぐにの車内は
寝台車両と高さ合わせた為に天井の高いグリーン車
カイコ棚と揶揄されたB寝台のプルマン形3段式寝台
きたぐに運用に合わせB寝台から改造された2段式A寝台
自由席は583系が昼夜兼用列車として生まれた機能を生かして座席のままと多種多様
私はちょっと贅沢してAネ下段を利用、高さがある以外Bネ下段とそう差は無いだけどね

22:58
急行きたぐには定刻に新潟を発車
A寝台はモーターもパンタグラフも無いせいか客車の様に静かです
明日も早い、つーか今回の旅で最も早く起きる予定なので早々に就寝


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2月9日 03:40

携帯のアラームがなる前に目覚めてしまう
ここで2度寝しても10分後には起きなきゃならんので下車準備

画像画像画像


04:00
福井にて下車、天気は雨、雪でなく雨なのがなんか嬉しい
福井の待合室で新潟で買っておいた「村上牛しぐれ弁当」で朝食
寝ぼけたのか肉にまでマヨネーズをかけてしまったのはご愛敬

05:12
福井駅発の下り始発列車が入線

画像画像画像


きゃー、食パンさーん♪


05:19
福井より金沢行きの419系に乗車
JR西日本最狂の魔改造車と言われる食パン電車こと419系
一見するとちょっと風変わりな電車にしか見えないが実はこれ
急行きたぐにで利用した583系の兄弟、と言うか変わり果てた姿なのである
棚の上の出っ張りの中には寝台列車の証である上中段の寝台が今も納められたまま
中間車に設けられた運転台、新たに開けられたドアや塞がれた小窓がもの悲しい・・・

画像


どうしてこうなった?としか言いようのない姿の419系
良い意味でも悪い意味でもマニアの耳目を集めた食パン君も
今年3月で運用から外される予定であり、その雄志(?)を拝めるのもこれが最後かと

画像



06:46
金沢にて食パンを下車
引き続き食パンに乗り鉄と大聖寺行きに乗るのもいいが
ちょっと目先を変えて北越急行の特急「はくたか」に乗って
和倉温泉に行くのも乙なモノ、でも方向違うので実際に乗るのはコッチ

画像画像画像


金沢駅に入線する大阪行きの特急「雷鳥8号」(動画)に乗車
JR西日本所属の485系特急唯一の生き残りである雷鳥号も
食パン419系同様今年の春の改正で定期運用外される運命にあり
平日にも関わらず先頭のパノラマグリーンには大きなお友達でいっぱい

画像画像


07:10
定刻に発車した雷鳥8号の車内で食事
新青森駅で買っておいた「田子にんにくスタミナメガ弁当」
なんで今頃青森の駅弁と思うでしょ、実はこの駅弁・・・

すっごく
ニンニク臭いんです!


もう、ふたの隙間からニンニク臭いが漏れ出てくる程キツイ
そんなんだから列車の車内はおろか駅待合室でさえ食べるの躊躇する
賞味期限は8時間以上前に切れてるのにまだ臭うがさすがに捨てるは偲びない
そこで空調効いて車内の隅っこになるグリーンの最後席アサインして弁当に挑む訳

結構時間経っているにも関わらずとんかつの方はまだ柔らかいが
さすがにご飯はもう水気を失い硬々でまるで糒でも食べてる様な気分
賞味期限余裕でぶっちした弁当を食べるなんて冬場だから出来る芸当
よい子のみんなは決してマネしない様に・・・

画像

10:00
新大阪にて雷鳥を下車
降りた17番線の隣には城崎温泉行きの特急北近畿の姿
北近畿に使われる車両は485系の交流器機を取っ払い
列車間移動用の貫通扉の増設と魔改造を受けて生まれた183系

画像


いなほといい、パノラマキャビンの雷鳥といい、北近畿といい
元は同じ485系とは思えないくらい三者三様の姿してますな


画像画像


10:45
新大阪より「のぞみ15号」に乗って帰宅
お昼は新大阪駅で買った「よくばり牛肉二刀流弁当」で食事
牛肉炙り焼きの味よりも、ピクルスの酸味がなんか嬉しい
牛肉二刀流弁当完食を以て今回の北海道乗り鉄遠征は〆
駆け足過ぎて消化不良の感は否めないが、それはまた何れリベンジと言う事で・・・





画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011年、乗り鉄の旅〆 − 晴耕雨読にゃほど遠い 。。。−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる